妊娠まとめ

出産を少し早めるために臨月に試してみたこと

少し早く出産するために臨月に試してみたこと

   

臨月を迎え、出産予定日が近づくにつれて、「早く産みたい!」と考える妊婦さんが増えてきます。

私もその一人でした。以前から、「初めての出産は遅れる」という話を聞いていましたし、実際、妊娠39週目になっても産まれる気配が全然なかったので、「出産を早める方法」をネットで検索して実践してみました。

出産を早めるために実際に試してみた方法やジンクスについて、ご紹介します。

赤ちゃんを早く産みたい理由

臨月に入り、私のおなかはどんどん大きくなってきました。それと同時に、睡眠不足、腰痛、こむら返り、むくみの症状がより一層ひどい状態に・・。

なにより、おなかが重たくて動きにくい。。なので、この頃から漠然と「少し早く産みたいなー」と考えるようになりました。

といっても、私は「予定日よりもすごく早く産みたい」というわけではなく、「予定日ちょうど」もしくは「予定日よりも1-3日早めに産まれたらいいな」程度で考えていました。

39週目時点ですでに赤ちゃんの体重は2886g。予定日を超えると3000g以上になるのは間違いなしです。

赤ちゃんが大きくなりすぎてしまうと、難産になりそうだし、陣痛促進剤を使ったり、帝王切開になる可能性があります。

実際、私の友人も予定日を1週間超えてしまい、なかなか産まれず、帝王切開になっていました。

こーゆー話を聞くと・・なんとなく怖くなりませんか??

私は初めての出産だったのですごく不安になりました。。

なので、「できるだけ出産予定日を超過しないように、出産したいなー」と思って、色々試してみることにしました。順にご紹介します!

   

出産を早めるために実際に試してみたこと

散歩する(ウォーキング)

定番の方法といえば「歩くこと」です。

妊婦検診では毎回「もっともっと歩いてください。多少、息が切れるくらい歩いても大丈夫!」と言われ続けました。

出産は体力勝負!ウォーキングは、体力づくりにもなりますし、子宮口が開きやすくなるだけでなく、股関節が柔軟になるなどの効果もあると考えられています。

なので、私は妊娠37週目頃から毎日7000歩以上歩くようにしました。多いときには、1万歩!

途中、休憩したり、お店を散策しながら、1~2時間かけてのんびりと歩きました。

 

階段の上り下り

階段を上ったり降りたりする動作は、股関節が大きく動き、子宮が刺激されて出産を進める効果が期待できるそうです。

私は、散歩コースの途中で必ずショッピングセンター内を通るようにしていたので、店内の階段を上ったり、降りたりしていました。

でも、妊婦になった重たい体で、階段上るのはかなりしんどく、苦痛でした。。

臨月に入ると、足元が見えにくくなるので、階段を降りる時にはとくに注意してくださいね!

 

スクワット

スクワットで骨盤底筋や股関節を鍛えて柔らかくすることで、産道が開いて、出産が進みやすくなるそうです。やり方は以下の通り。

  1. 両足を肩幅より少し広げる
  2. 背筋を伸ばしたまま、ゆっくりとしゃがむ
  3. 勢いをつけず、少し間を置き、ゆっくりと立ち上がる

1日10回程度を1セットとして、毎日1~2セット。多くても5セットくらいが良いそうです。

ただ、これは苦手だったので、ほんの少ししかしませんでした。

 

おっぱいマッサージ

おっぱいを刺激することで子宮収縮を促し、陣痛につなげる効果があると言われています。やり方は以下の通り。

  1. 乳首と乳輪を円を描くように軽くマッサージする
  2. 乳首を親指と人差し指で、上と下からつまむ。軽く2~3回引っ張る。
  3. 左右から乳首をつまみ、同じように引っ張る

臨月に入ってから、産院で助産師さんにも「そろそろ、おっぱいマッサージを始めてくださいね」と指導されたので始めました。お風呂に浸かりながら、簡単にできるので1番楽でした♪^^

 

ツボ押し

陣痛を促進するツボがあると知り、これも簡単なのでやってみました。

・三陰交(さんいんこう):足の内側、くるぶしから指4本分上にあるツボ
・合谷(ごうこく):手の甲の、親指と人差し指の骨がぶつかるところの上にあるくぼみにあるツボ

これら2か所を押すだけです♪

お風呂に入っているときや、暇なときに気軽にできるのでおすすめです。

 

赤ちゃんに話しかける

時間があるときやお散歩の最中に、赤ちゃんに話しかけていました。

「ママのおなかは居心地が良いのかな?でも、そろそろ狭いでしょ^^できれば今週中に産まれてくれたらいいなー♪」と話しかけたり、思いを込めておなかをさすっていました。

 

   

そのほかの方法

その他にも出産を早める方法としては、以下の方法があります。(私はやりませんでした><)

雑巾がけ

拭き掃除する動作が子宮への刺激になって、出産につながると言われています。

わが家では、雑巾がけの習慣がなかったので、なんとなく私はしませんでした笑

 

ラズベリーリーフティーを飲む

陣痛促進や安産を促すといわれています。ハーブティーなので、リラックス効果も期待できそうですね!^^

ただ、私はノンカフェインの紅茶などをたくさん購入していてそれが余っていたので、ラズベリーリーフティーは買いませんでした。

 

焼肉を食べる

ネットの口コミでよく見かけます。ジンクスで根拠はないようです。

これを見たとき、ちょうど焼肉に行く理由にもなるので「行きたいなー」と思っていました。しかし・・臨月に入ってから体重が急激に増えてしまったので、結局焼肉には行けませんでした。

 

オロナミンCを飲む

こちらも根拠はないようですが、ネットでよく話題になっています。

ただ、オロナミンCにはカフェインが含まれているので注意してください。私はカフェインだけでなく、なんどなくドリンク剤の成分が気になったので、購入しませんでした。

 

まとめ

以上、出産を早めるために実際に試してみたことです。

色々書きましたが、赤ちゃんのタイミングで元気に産まれてくれたら、それで全然問題ないです。ただ、繰り返しになりますが、出産予定日を超過して、難産になったり、赤ちゃんにリスクが及ぶことだけは避けたいなーと思っています。

初めての出産・・正直とても怖いけど、早くわが子に会いたいです^^

皆さんも、出産予定日が近づくとドキドキすると思います。でも、あまり神経質になりすぎないでくださいね。上記の方法は、ダメもとでリラックスした気持ちで試してみて下さい♪^^