武蔵野赤十字病院で出産

【出産・入院レポ】武蔵野赤十字病院で第一子を出産しました!

武蔵野赤十字病院で出産(出産当日レポ)

   

先日、武蔵野赤十字病院で第一子を出産しました!

今回は、出産前日から出産当日の様子を記録として、書かせて頂きます。

自分自身の記録のような内容ではありますが・・これから出産する方にとって、少しでも役に立てば幸いです。

武蔵野赤十字病院での出産記録

出産前日(高位破水~陣痛)

AM10:00
この日は出産予定日♪^^

朝起きて、トイレに行くとおしるしがあって喜ぶ♪あと、今日は初めて少しだけ尿漏れが・・!

おしるしも、尿漏れも初めてでびっくり。

ただ、尿漏れは、妊婦さんの「あるある」とネットで見たことがあったので気にせず・・。

むしろ出産が近づいたと感じて喜ぶ。

しかし、これがあとで大きな問題を引き起こすことに・・。

 

12:00
夫が里帰り先の実家に遊びに来る♪駅までお迎えして、実家でのんびりくつろぐ。

出産予定日ということで、予定を空けていた兄も私の様子を見に来る。

体調は終日良好♪

 

18:00
夫も兄も帰宅。駅までお見送りしたあと、いつも通り散歩。ノルマの1万歩を達成して、18時半頃に帰宅♪

そのあと、食事して、お風呂入ったり、いつも通り過ごす。

 

23:00
今朝、おしるしがあったので、いつ陣痛が来ても大丈夫なように早めに就寝。。

その前に、妊娠40w0dの記録として、写真を撮る。

妊娠40週目

 

23:30
陣痛らしきものを感じる。間隔は、4-8分でバラバラ。

でも、生理痛程度の痛みだったので余裕。とりあえず、入院バッグの最終確認を行う。

その後、2時間半、アプリに陣痛間隔を記録。

間隔はバラバラだし、やはり生理痛レベル。静かに集中していないと、陣痛に気付かない程度の痛み。

母親には、「全然痛くないから、本陣痛じゃないよ。前駆陣痛じゃないかなー?寝てていいよー」と伝える。

 

   

出産当日(陣痛~出産)

AM2:00
日付が変わって夜中の2時。

心配で寝られなかった母親が、ちょうど私の部屋に来たので、

私「あ、そういえばナプキン余ってない?なんか、今日少し尿漏れ感があるんだよねー」と伝える。

母「それ、少量の破水じゃないの!?陣痛もあるんでしょ?病院に電話してみなさい!」

私「破水ではないでしょー。だって少しだよ?それに陣痛の痛みは、こんなもんじゃないと思うけどなー」と言いつつ、渋々電話。。

 

2:10~
病院に電話で状況を伝えると、

助産師「破水の可能性もあるので、入院グッズをお持ちください。場合によっては、お帰り頂く場合もありますのでご了承ください」とのこと。

早速、陣痛タクシーに電話

慌てて、支度する。そのときパジャマだったので、「洋服どうしよう!?」と思った。

でも、夜中だったし、病院から帰されることになっても、またタクシーで帰るので、結局、パジャマのまま外出。

タクシーは、5分くらいで自宅に来たので、すぐに母親と2人で病院へ。

タクシーに乗った頃から、生理痛レベルの軽い痛みから、しっかり「痛い」というレベルの陣痛になり始める。。

 

2:35~
武蔵野赤十字病院に到着。

夜間入口で受付をしたあと、係員さんに車イスで病棟へ連れて行ってもらう。

助産師さんに案内され、体重測定、尿検査、内診を行なう。

すると、すぐに「破水ですね。」と判定される。。

私「え。あの少ない量で破水ですか??尿漏れは、昨日の朝10時から何度かありました。お風呂も入りました。。」

助産師さん「高位破水です。子宮口の開きは2㎝。破水してから17時間も経っているので、今すぐに出産に進めます。お風呂にも入っているということなので、、これから検査で感染症の可能性も確認します。場合によっては、3-4時間後に陣痛促進剤を使う、もしくは帝王切開の可能性もあります。

私「・・・・。(絶句)」

思った以上に深刻&急展開でびっくり。

というか、高位破水って、何?

破水って、バスタオルで拭かなきゃいけないくらい、ビシャって大量に水が出るもの、ってネットで見たんだけど・・><

 

というわけで早速、陣痛室の前の待合スペースに案内される。

武蔵野赤十字病院・産婦人科病棟

陣痛室に入る前に、わずかな待ち時間があったので、あわてて夫に連絡。

しかし、夜中の3時に起きているはずもなく・・・。とりあえず、LINEで夫に今の状況と、始発の乗り換え検索の結果を送信。

このとき、陣痛は痛いけど、陣痛がない間は余裕だったので、まだ普通に母親と話せた。このあと、夫への電話は母に引き継ぐ。。

 

   

3:30
助産師さんに陣痛室へ案内される。

陣痛室に入ったとたん、一気に陣痛が痛くなって、もがき苦しむ。。

医師「高位破水ですね。破水してからかなり時間がたっているので、、スムーズに進まない場合、7:00頃には、陣痛促進剤もしくは帝王切開で出産に進めます。」

医師からは、その他にも長い説明があったものの、私は痛みで全く聞こえなかったので、母親に聞いておいてもらう。

陣痛促進剤や帝王切開についても、書面とともに説明があった様子。

 

医師の説明の後、母親は私の夫に電話をしまくる。

そして、陣痛は激痛に変わる。ほんと死にそうなくらい痛かった。

母親は、ひたすら私の腰をさすってくれた。。。

誰かにさすってもらわないと、本当に痛くて痛くて無理だった。母親にはほんと感謝。

 

4:30~
陣痛がひたすら痛い。。

たまに確認に来てくれる助産師さんのマッサージが上手すぎて、ずっといてほしかった。

でも母親も上手になってきて、すごく助かった(ToT)

付き添いがいないと、あの痛みには絶対に耐えられなかったと思う。

 

6:15〜
夫が到着。間に合った!!

夫は、母親からの電話には気付かなかったものの、昨夜早く寝ていたので奇跡的に夜中に起きて、LINEの連絡を確認したらしい。

そして、あわてて朝5時の始発に乗って、6時15分に夫は病院に到着。

奇跡的に立ち会いに間に合った!

絶対に間に合わないと思ったのに、本当に奇跡!よかったー((T_T))

夫が着いてからは、陣痛がさらに痛くなる。急に子宮口が8㎝まで開き、分娩室へ行くことに。

 

6:45〜
分娩室までは、まさかの歩いて移動・・・。

あまりにも痛すぎて、「え、歩くの!?」と絶句。

助産師さんに支えてもらいながら、どうにか歩けた。でも、意識がもうろうとしていて、あんまり記憶にない。

武蔵野赤十字・出産

分娩室に到着。夫が立ち会い。

とにかく痛くて痛くて死にそうだった。。分娩台に着いてからは、もう拷問のように痛くて辛かった。

助産師の指示のもと、「ふーふーふー」と呼吸するので必死。。

イキもうとしているわけではないに、奥から押されてイキんでしまって、難しかった><

最後の最後には、会陰切開。。もう何もかもすべてが痛い。

助産師さん「はい、いきんで大丈夫です!!もうすぐ赤ちゃんがでてきますよ!」

私「痛い痛い痛いー。ふーふーふー><」

何度もいきまなきゃいけなくて、、「まだ?まだ?まだ?」と何度も助産師さんに聞いてしまう。

 

7:35〜
赤ちゃん誕生!!
\(^^)/

元気な産声も聞けて、感無量。

助産師さんが、動けない私の胸に赤ちゃんを置いてくれた瞬間、、涙涙涙。

すごく嬉しくて、愛しくて愛しくて・・・涙が止まらない(ToT)

武蔵野赤十字病院

夫にたくさん赤ちゃんの写真を撮ってもらった!

助産師もたくさん家族写真を撮ってくれて、すごく幸せな時間を過ごした。

武蔵野赤十字病院

その後、母親も分娩室に合流。

先生、助産師さん「破水と気づいたお母さんのファインプレーですね!!」と母親はみんなから誉められる。

その後、先生に会陰切開部分を縫ってもらう、地味に痛い。

そして、分娩室でそのまま病院の朝ごはんを食べたり、夫と母親とのんびり過ごす。

窓の外は眺めがよくて、快晴でとても気持ちよかった(*^^*)

武蔵野赤十字病院・出産記録
   

出産後

10:00ー15:00
母親、夫と病室へ移動し、しばらく休憩。

私は脱水症状による熱が37.8度あり、仮眠。

 

15:30
母子同室開始。

夫と母親は夜までいてくれた。

とくに、母は徹夜で疲れているのにずっとそばにいてくれて、本当に感謝。

わが子へ

無事に産まれてきてくれて、ありがとう。

私のおなかに、赤ちゃんがいるってわかったとき、パパもママもすごく嬉しかったよ。

ようやく会えたね^^

元気に産まれてきてくれて、パパもママも本当に嬉しいよ。

あなたのためなら、なんだってできる。

私たちのもとに産まれてきてくれて、ありがとう。

これから3人で、たくさん楽しい思い出を作ろうね^^

武蔵野赤十字病院

最後に

武蔵野赤十字病院の先生、助産師さんたちのおかげで、無事に出産できました。

出産に携わってくださった関係者のみなさまには、心から感謝しています。

自分自身のメモのような記事になってしまいましたが、この記事がこれから出産予定の方に役に立てば幸いです。