育児書

【書評】『賢い子』は図鑑で育てる 16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える究極の子育て

『賢い子』は図鑑で育てる

最近、幼児教育について調べ始めたのですが、世間では幼児向けの学習教室がとても人気なんですね!

しかし、わが家ではそういったところに通わすのは、まだ先と考えています。

とりあえず、「自宅で子どもの学ぶ機会を増やすには、どうしたらよいかな・・」と考えていたところ、出会ったのがこの本です。

本を読んでみると、「図鑑って、すごくコスパが高いんだ!?絶対に買わなくちゃ!!」という気持ちになりました。

実際に読んでみて、印象に残った言葉と感想について紹介します。

   

『賢い子』は図鑑で育てる

本の紹介

今回、紹介する本はこちら!

 

  • 16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える究極の子育て 『賢い子』は図鑑で育てる
  • 著者:瀧 靖之
  • 出版:2018年9月

16万人の脳画像を見てきた、第一線で活躍する脳医学者が教える科学的子育て法です。

ちなみに、「人生100年時代」、「AIが活躍する時代」に必要な学力って、何だか分かりますか?

学力?思考力?

「いえいえ、まずは「脳を鍛える」ことが大切です!そのために、図鑑は大活躍するんです!」

といった内容が、とても読みやすくまとまっています。

これを読んだら、「図鑑を買って、家に置いておこう!」と思うはず^^

 

目次

本の構成は以下の通りです。

  1. 「人生100年時代」を幸せに生き抜くには?
  2. 脳を育てるカギは好奇心!
  3. 好奇心を育てるには「図鑑」がいちばん
  4. 図鑑で育つ力―思考力
  5. はじめての図鑑
  6. もっと図鑑で勉強グセをつける4つのコツ
  7. 図鑑は夢を叶えるためのツールです

 

こんな人におすすめ!

以下に当てはまる方は、ぜひ読んでみてください。

  • 子どもが生まれた
  • 知育って何?
  • 幼児教育って効果あるの?
  • 図鑑って役に立つの?
  • どんな図鑑を買えばよいか、わからない!

どれか当てはまりましたか?^^

本書では、幼児教育の効果や、図鑑の効果、おすすめの図鑑など、詳しく紹介されています。

お子さんがいる方は、ぜひ参考にしてみると良いと思います。

   

本を読んで印象に残ったこと

本を読んで、印象に残った言葉をメモしました。

幼児教育について

  • 「学ぶ=楽しい!」と思えるようにすることが大切。
  • 「学び続けることが大切!」むしろ、「学び続けないと生き残れない」世の中になっていく。(新しい技術&AIが活躍する世の中になっていくため。)
  • 脳を育てる&「学ぶ=楽しい!」となるためのカギは、好奇心!
  • 東大生の96%は小学校時代に何かにハマったことがある。
  • 未就学児期の脳は、劇的に成長する
  • この発達のピーク期に、多くの刺激を、日々与え続けることが大切!

 

図鑑の効果

  • 好奇心を育てるには「図鑑」がいちばん
  • 図鑑は世界を知る第一歩になる
  • 小さな本の中に、広大な世界が広がっている
  • 東大生の約90%が小学生時代「読書好き」、「家に図鑑があった」
  • 図鑑で育つ力は、好奇心だけでなく思考力も
  • 図鑑で身につく力 ①目的を達成するためのストラテジー、②知識と学力、③記憶力
  • 図鑑は、すぐ手に届く場所であるリビングに置いておく
  • 生後半年頃から、絵本や図鑑の読み聞かせをする
  • 図鑑で見たものの実物を見に行く
  • 図鑑は、小学校以降の勉強の予習になる

 

生活習慣などについて

  • よく眠り、きちんと朝食をとる(菓子パンではなく、白ごはん)
  • 睡眠不足は、記憶力低下に影響する
  • 5-18歳は、毎日8-9時間は寝るようにする
  • 親も楽しんで学ぶ姿を、子どもに見せる
  • ゲームの楽しさは有限であり、世界が広がらない
  • いくつになっても好奇心は大切
   

年齢別におすすめ図鑑を紹介

では、子どもにどんな図鑑を与えたらいいのでしょうか?

迷いますよね。。

本書では、子ども年齢別(0歳~5歳)におすすめ図鑑を紹介してあり、子どもにどんな図鑑が合っているのか参考にできます!

とくに気になったのものを、メモ代わりに載せました^^

0~1歳

 

2歳~

 

3歳~

 

4歳~

 

 

 

5歳~

 

本書では、図鑑の中身についても少し紹介されていたので、とても参考になりました。

しかも、どれもすごく分かりやすくて、とても面白そうなんです^^

子どもがもう少し大きくなったら、買ってあげたいなと思いました。

   

感想

本書を読んで、実家に分厚い図鑑が2冊あったことを思い出しました。

その図鑑は、写真やイラストが豊富で、いつもワクワクしながら見ていました。懐かしいです。

私の両親も、子どもたちが「図鑑を見て、いろいろなことに興味を持ってほしいな」という気持ちで買ってくれたんだと思います。ありがたいです。

私も自分の息子に同じことをしてあげたいな、と思いました。図鑑をきっかけにして、たくさんのことに興味を持って、視野を広げてほしいです。

本書は、図鑑選びで迷っている方も、参考になるはずです^^お子さんのいる方は、ぜひ1度読んでみてください。