育児書

【書評】ヨコミネ式 子供の才能を伸ばす4つのスイッチ やる気にさせる子育ての教科書

ヨコミネ式 子供の才能を伸ばす4つのスイッチ やる気にさせる子育ての教科書

息子が5カ月になった頃、インスタグラムで同時期に出産したママさんが「知育」や「ベビー教室」に通い始めたのを見かけるようになりました。

正直なところ、「え、もう始めるの!?早すぎない?」と思いました。

(この頃は、「知育」という言葉も知らず、育児本も読んだことがなくて、ほんと知識がなかったんです。)

なんだか心配になり、ネットで幼児教育や、知育についてリサーチ。

そのときに見つけたのが、この「ヨコミネ式」の育児法です。

実際に読んでみて、印象に残った言葉と感想について紹介します。

   

ヨコミネ式 子供をやる気にさせる4つのスイッチ

本の紹介

今回、紹介する本はこちら!

 

  • ヨコミネ式 子供の才能を伸ばす4つのスイッチ
  • 著者:横峯 吉文
  • 出版:2019年7月

「ヨコミネ」と聞くと、女子プロゴルファー横峯さくらさんを思い出しませんか?

私は、真っ先に思い浮かびました。

そう実は、著者の横峯 吉文さんは、さくらさんの叔父さんだそうです。

読み・書き・計算の自学自習をベースにしたユニークな「ヨコミネ式」教育法を使った、保育園や児童館を運営しています。

横峯さんの保育園や児童館に通っている子どもたちは、自ら進んで本を読んだり、勉強をしたり、体操に取り組んでいます。

その結果、

  • 2歳からひらがな・カタカナの拾い読みをはじめる
  • 3歳で小学校1年生の国語の教科書を読む
  • 4歳で小学校1・2年生で学ぶ漢字も勉強
  • 5歳で小学2年生が習う漢字をマスター
  • 卒園までに6年生の国語の教科書が読めるようになる
  • 小学校入学までに、平均2,000冊の本を読破
  • 絶対音感を身に付ける
  • 複数の楽器演奏ができる
  • 跳び箱10段が飛べる
  • 九九の歌を2歳で覚え、小学校低学年でそろばん1級、暗算1級に合格する

こんな子どもが多いそうです。

小学校入学前にこんなにできちゃうなんて、すごいですよね・・。一体、どんな教育方法なんですかね。

この「ヨコミネ式」の教育法は、知育ママの間で結構有名なようで、入園希望者が殺到しているそうです。

確かに、これだけ聞いたら入園させたくなります!^^

 

目次

本の構成は以下の通りです。

  • 第1章 子供がぐんぐん伸びるヨコミネ式子育て
  • 第2章 子供をやる気にさせる「4つのスイッチ」
  • 第3章 2歳から6歳までのヨコミネ式学習法
  • 第4章 小学生のヨコミネ式勉強法
  • 第5章 ヨコミネ式子育てQ&A

 

こんな人におすすめ!

以下に当てはまる方は、ぜひ読んでみてください。

  • 子どもが生まれた
  • 知育って何?
  • 幼児教育って効果あるの?
  • 保育園、幼稚園選びに迷っている

どれか当てはまりましたか?^^

本書では、ヨコミネ式の教育法、子どもの無限の可能性、幼児教育の効果、小学校入学前に身に付けておくべきことなど、詳しく紹介されています。

お子さんがいる方は、ぜひ参考にしてみると良いと思います。

   

本を読んで印象に残ったこと

本を読んで、印象に残った言葉をメモしました。

「4つ」のスイッチとは

子供がやる気になるスイッチは以下の通り。

  • スイッチ① 子供は競争したがる
  • スイッチ② 子供は真似したがる
  • スイッチ③ 子供はちょっとだけ難しいことをやりたがる
  • スイッチ④ 子供は認められたがる

このスイッチを押してあげると、子供は大きく成長する。

 

小学校入学前に身に付けるべきこと

小学校のカリキュラムは優しくなっている&最初につまづくと、勉強に対する苦手意識が付いてしまう。

なので小学校入学までに、以下の点に気を付けて学習を進める。

  • ひらがな・カタカナのマスターは絶対条件
  • 五十音をマスターし、本をすらすら読めること
  • 簡単な作文を書けること
  • 簡単な計算ができること
  • 4時間座れるようにしておく
  • 「読み」「書き」「計算」毎日20分ずつでも行い、自学自習の習慣をつける
  • 作文は楽しい文書を写すことから始める
  • 子供のレベルにあった課題を与える
  • 「できること」を1つずつ増やしてあげる
  • 文字は横棒の「一」からお絵かき感覚でする

 

とくに自学自習の習慣は大切!!

この習慣が身につけば、子供は自分で学ぶようになる!

   

感想

子どもって、無限の可能性を秘めているんだなーと思いました。

「3歳だから、まだ早い」「漢字は小学校になってから習うもの」とか、そういった世の中の常識にとらわれる必要はないんだな、と思いました。

とくに「自学自習」の習慣は、子どもに身に付けてほしいですね。「もっと学びたい」という感情が育つ環境を整えてあげたいなと思いました。

もちろん、「子どもが楽しみながら学ぶ」ということを大前提でやっていきたいです。

教育法には、ヨコミネ式だけでなく、モンテッソーリ教育など色々とありますが、こうした考え方もあるんだな、と参考になりました。

最近の保育園や幼稚園は、さまざまな教育方針を掲げているので、これから通わせるという方にも参考になると思います。