食と栄養本

【書評】成功する子は食べ物が9割 最強レシピ

成功する子は食べ物が9割 最強レシピ

子どもが生まれてから、「食と栄養について、もっと知りたい!」という気持ちが強くなりました。

そこで、ネットで探して気になったのが、この本。

「成功する子は食べ物が9割・・」というインパクト大のタイトルに惹かれて、早速読むことにしました!

実際に読んでみて、印象に残った言葉と感想について紹介します。

   

成功する子は食べ物が9割 最強レシピ

本の紹介

今回、紹介する本はこちら!

 

  • 成功する子は食べ物が9割 最強レシピ
  • 著者:細川モモ、ダンノマリコ
  • 出版時期:2019年7月

 

本のタイトルから見てもわかる通り、「食べたものでカラダはできている!食べ物って大事!!」というのを再認識させてくれる本です。

しかも、フルカラーでイラスト盛りだくさん!

献立イメージやレシピの写真も多く、とっても見やすい内容です。

 

目次

本の構成は、以下の通りです。

  1. 成績アップする!朝ごはんは「米が7割」
  2. みんな足りない!鉄はコツコツ強化する!
  3. カルシウムで一生モノの強い骨にする!
  4. DHAをとる!魚は子どもの「成長促進剤」
  5. おやつは手作り&体にいいものを選ぶ!

栄養の知識とともに、レシピも載っています。

 

こんな人におすすめ!

以下に当てはまる方は、ぜひ読んでみてください。

  • 栄養について学びたい
  • 子どもが生まれた
  • 栄養についてあまり考えずに料理していた
  • 朝食はパンを食べる
  • 幼児の朝食のイメージがつかない
  • コンビニ弁当や総菜を買う
  • ジュースをよく飲む

どれか当てはまりましたか?^^

とくに幼児の朝食って、未知の世界じゃないですか?

正直、想像つかないですよね。どれぐらいの量を食べられるのか・・私はさっぱり分かりませんでした。

本書では、幼児、小学生が積極的に食べておきたい栄養素やレシピについて詳しく載っています。

具体的な献立例や量も写真で載っていたのでイメージがつきやすく、とっても参考になりました。

   

本を読んで印象に残ったこと

本を読んで、印象に残った言葉をメモしました。

毎日、必ず鉄をとる!

ほとんどの人が鉄不足

  • 乳児期に鉄欠乏性貧血になると、5歳時点で発達に遅れがみられる
  • 子どもの4割弱が鉄不足
  • 鉄&カルシウムがとれる食材⇒高野豆腐、納豆、小松菜、ほうれん草、卵、貝類、切り干し大根、ひじき、ごま
  • 鉄不足は、脳と骨の発達に影響する(心の病気、身長など)
  • 鉄はすぐ消費されるので、必ず毎日とる!!
  • 女性は常に鉄不足であることを自覚する

 

鉄強化おすすめ食材:赤身魚の刺身、牛こま切れ肉、豚赤身肉、あさり

  • 赤身魚の刺身:まぐろ、かつおには鉄が豊富、DHAも多くて脳の働きを高める、生で食べればDHAの損失無し
  • 牛こま切れ肉:鶏・豚肉よりも鉄が多い、免疫力をアップする亜鉛が豊富、こまぎれなら安い
  • 豚赤身肉:牛肉より安くて鉄が多め、ビタミンB1が疲労回復に効く
  • あさり:鉄とビタミンB12、カルシウムが多い、栄養素だけでなくうま味成分もある

 

毎日、必ずカルシウムをとる!

  • 栄養、運動、8時間以上の睡眠がマスト
  • カルシウムは毎日とり続けることが必要
  • リンはカルシウムを体外に排出する
  • リンは、ソーセージやベーコンなどの加工肉、練り物、インスタント食品、ファストフードに多く含まれる
  • 糖質を過剰にとると、尿と一緒にカルシウムも外に出てしまうのでお菓子など注意
  • カルシウムと共に、たんぱく質、ビタミンD、マグネシウムが骨を強化する
  • 小魚がおすすめ(しらす干し、煮干し、ししゃも、桜エビ、あさり)
  • 乳製品や大豆製品、乾物もとる
  • 乾物(切り干し大根、ひじき、わかめ、のり、青のり、ごま)
   

魚は週3とろう

  • DHAとビタミンD両方とれるのは魚だけ!
  • 少なくとも週3、できれば毎日とるようにしたい
  • DHAは脳と視力の発達にとても大切
  • ビタミンDは日光浴+食材からとる、免疫力が高まる
  • DHA多い順:うなぎ、ぶり、さば、さんま、真だい、真いわし、真あじ、紅鮭、かつお、ししゃも
  • DHAは揚げると半減する
  • 缶詰は栄養たっぷり、汁ごと、骨ごと食べられる

 

魚の基本

  • 白身魚:骨を強化するビタミンDが豊富(鮭、たらこ、たい、かれい)
  • 赤身魚:ヘム鉄が豊富(かつお、まぐろ)
  • 青背魚:DHA・EPAが豊富(さば、さんま、いわし、あじ)

 

肉の基本

  • 鶏肉、豚肉、牛肉には、たんぱく質が含まれている
  • 鶏肉:低脂肪で高たんぱく→筋肉づくり(もも、胸肉は皮をはぐと、大幅にカロリーカット
  • 豚肉:ビタミンB1が豊富→疲労回復
  • 牛肉:鉄や亜鉛が多い、貧血改善・体力アップ

 

朝食

  • 糖質、たんぱく質、鉄を毎朝必ず食べる
  • 脳のエネルギー源である糖質を補給
  • たんぱく質を食べて、体温を上げ、脳機能を高める
  • 鉄をとることで血液が全身に酸素を運ぶ
  • 朝は鉄の吸収率が高まる時間帯
  • 鉄:卵焼き、鮭おにぎり、納豆ごはん、ツナサンドで鉄をとるように
  • 朝ごはんだけが学力に影響する
  • ビタミンB1:糖質の代謝を促す
  • ビタミンC:鉄の吸収率を高める
  • パンではなく、米を食べよう
  • 米が主食の方が脳は発達する、知能指数が高くなる
  • まぜごはんおにぎり&栄養満点の具沢山の味噌汁やスープがオススメ!

 

とくに参考になったのが、幼児食のイメージ写真!

成功する子は食べ物が9割 最強レシピ

おにぎり、おいしそう~

成功する子は食べ物が9割 最強レシピ職場復帰したら、大量におにぎりを作って、冷凍保存しておきたいです♪^^ 

   

感想

表紙の「食べたものでカラダはできている!」という記載の通り、日々の食事って本当に大切だな、と思いました。

私の息子はまだ0歳児で離乳食が始まったばかり。

「幼児の朝食って、どんなものを食べるんだろう??」と思っていましたが、写真付きで紹介されていたので、献立や量がイメージしやすく、とても参考になりました。

この本は、フルカラーでイラスト、写真も多く、文章もとても読みやすいです^^

ただ、もともと栄養の知識がある人にとっては、当たり前の内容かもしれません。。「これから栄養について学びたい!」という初心者向けにつくられた本、という感じがしました。

とはいえ、第一子を出産したママさんには、勉強&知識の再確認のためにもぜひ読んでほしいなと思います。

必要な栄養素が含まれる食材を使ったレシピもたくさん載っていたので、幼児食が始まったとき&朝食に悩んだとき、鉄・カルシウムなどのレシピに迷ったときに、私ももう1度参考にしたいです。

ほんと、健康は毎日の食生活の積み重ねですよね。

今後は、夫と息子、そして自分自身の健康のためにも、もっと栄養を考えた献立作りをしようと思います。