食と栄養本

【書評】プライベートブランドの危険度調べました

プライベートブランドの危険度調べました

子どもが生まれてから、「食と栄養について、もっと知りたい!」という気持ちが強くなりました。

そこで、ネットで探して気になったのが、この本。

「プライベートブランドの危険度調べました」というタイトルとともに、表紙によく見かける有名なお菓子がたくさん載っていたので、なんだか気になり、早速読むことにしました!

先日、このシリーズの「飲みもの」、「加工食品」、「お菓子」バージョンを読んで、すごく勉強になったのですが、今回の「プライベートブランド」バージョンもよかったです!

実際に読んでみて、印象に残った言葉と感想について紹介します。

プライベートブランドの危険度調べました

本の紹介

今回、紹介する本はこちら!

  • プライベートブランドの危険度調べました
  • 著者:渡辺雄二
  • 出版:2013年3月

 

本のタイトルから見てもわかる通り、「プライベートブランドには危険がいっぱい」というのを再認識させてくれる本です。

しかも、フルカラーで写真盛りだくさん!簡単に読めちゃいます。

誰もが知っている有名なプライベートブランドには、危険な添加物がたくさん入っている・・という事実を、実名&写真とともに、たくさん紹介されています。

正直、本書を読むと、「どのプライベートブランドも添加物が多すぎて、なにも買えないじゃん!」という感じでした笑

 

目次

本の構成は、以下の通りです。

  • 巻頭 プライベートブランドとは何か
  • PART 1 パック惣菜の危険度
    肉系パック惣菜/サラダ系パック惣菜/煮物系パック惣菜/魚系パック惣菜
  • PART 2 冷凍食品食品の危険度
    フライ系冷凍食品/洋風系冷凍食品/中華系冷凍食品/米類冷凍食品/粉物系冷凍食品/麺類冷凍食品/野菜系冷凍食品
  • PART 3 定番商品の危険度
    ハム/ウインナーソーセージ/ベーコン/カレー粉・シチュー粉/納豆/豆腐/豆パック/パスタソース/ドレッシング/みそ汁/スープ/漬け物/みそ/しょうゆ/ケチャップ・マヨネーズ
  • PART 4 主食系食品の危険度
    パックご飯/食パン/菓子パン・惣菜パン/シリアル/カップめん/袋入りラーメン/レトルトカレー
  • PART 5 お菓子と飲み物の危険度
    洋風スイーツ/和風スイーツ/お茶・紅茶・コーヒー/ジュース/アイスクリーム
  • 番外編 高級スーパー食品の危険度
    成城石井/クイーンズ伊勢丹/明治屋

 

こんな人におすすめ!

以下に当てはまる方は、ぜひ読んでみてください。

  • 栄養について学びたい
  • プライベートブランドをよく買う
  • 子どもが生まれた
  • 栄養についてあまり考えずに料理していた
  • コンビニ弁当や総菜を買う

どれか当てはまりましたか?^^

プライベートブランドの商品って、安い値段で設定されていますよね?

なので、私はこれを読むまでは、定期的に買っていました!

夕食で、副菜が足りないときに、「パック総菜って、すごく便利!」と思って、よく使っていました。

でも、体に悪いものをたくさんとってしまったんだなーと後悔。。(もちろん、プライベートブランド中には良い商品もありますよ!)

プライベートブランドの商品を買う機会が多い方、お子さんがいる方は、ぜひ参考にしてみると良いと思います。

   

本を読んで印象に残ったこと

本を読んで、印象に残った言葉をメモしました。

プライベートブランドを買う時の注意事項

以下の商品は、添加物が多く含まれている可能性が高いので注意。

  • パック総菜
  • 冷凍食品
  • ハム、ウィンナー、ベーコン
  • パスタソース
  • ドレッシング
  • 味噌汁

 

ブランド別、買ってよいもの(無添加)

添加物が入っていない、無添加の商品もあります!買うなら、ここから買いましょう♪

ローソンセレクト

  • たけのこ煮
  • 銀鮭の塩焼き
  • 冷凍・塩ゆで枝豆

 

セブン

  • さばのみぞれ煮:1つ使用している添加物は安全性が高いもの
  • 冷凍・北海道産フライドポテト:同上
  • 冷凍・さぬきうどん
  • 冷凍・すぐに使えるカットほうれん草
  • 金時豆
  • こいくちしょうゆ
  • トマトケチャップ
  • ごはん(パックごはん)
  • おいしい食パン
  • 北海道あずきバー

 

トップバリュー

  • 冷凍・有機野菜ミックス
  • 小粒納豆
  • 国産大豆もめん豆腐
  • もずくスープ:添加物2種で安全性高い
  • 特級 丸大豆しょうゆ
  • 特選有機 丸大豆しょうゆ
  • 有機 トマトケチャップ

 

代表的な添加物例

市販の加工食品に含まれている主な添加物は、以下の通りです。

  • 膨張剤:ビスケットなどサクサク食感→口内の違和感、胃部不快感へ
  • 乳化剤:発がん性リスクの疑いあり
  • カラメル色素:発がん性リスクがあるものも・・
  • 合成甘味料、香料も避ける
  • アセスルファムK:肝臓へのダメージ、免疫力低下
  • 酸味料:胃や腸の粘膜を刺激
  • 合成着色料(タール色素):発がん性リスクあり、アメリカでは使用禁止
  • アスパルテーム:脳腫瘍や白血病リスクあり
  • イーストフード:添加物のかたまり
  • 光沢剤:ガム、グミ、サプリで使用される添加物
  • ショートニング:「悪玉脂肪」トランス脂肪酸が含まれている
  • 甘味料(ステビア):EUでは以前使用禁止だった
  • 漂白剤(亜硫酸塩):胃を荒らしたり、頭痛を起こしたり

 

感想

市販のプライベートブランド商品に、こんなにも添加物が入っているなんて、びっくり。。

正直、今までは見て見ぬふり・・というか、添加物の具体的な危険性について、全く知らなかったんですよね。

というか、パック総菜ってすごく便利!って、のんきに考えていました笑

こんなにたくさんの添加物が入っていると知った以上、もう買いません。。

今後は、定期的にメモした内容を読み直して、添加物を食べないように心がけたいです。

健康は、毎日の食生活の積み重ねですよね。

今後は、夫と息子、そして自分自身の健康のためにも、添加物をとらないように健康的な食生活を送りたいと思います。