食と栄養本

【書評】お菓子の危険度調べました

お菓子の危険度調べました

子どもが生まれてから、「食と栄養について、もっと知りたい!」という気持ちが強くなりました。

そこで、ネットで探して気になったのが、この本。

「お菓子の危険度調べました」というタイトルとともに、表紙によく見かける有名なお菓子がたくさん載っていたので、なんだか気になり、早速読むことにしました!

先日、このシリーズの「飲みもの」、「加工食品」バージョンを読んで、すごく勉強になったのですが、今回の「お菓子」バージョンもすごく勉強になりました!オススメです!

実際に読んでみて、印象に残った言葉と感想について紹介します。

   

お菓子の危険度調べました

本の紹介

今回、紹介する本はこちら!

 

  • お菓子の危険度調べました
  • 著者:渡辺雄二
  • 出版:2014年8月

 

本のタイトルから見てもわかる通り、「お菓子には危険がいっぱい」というのを再認識させてくれる本です。

しかも、フルカラーで写真盛りだくさん!

誰もが知っている有名なお菓子には、危険な添加物がたくさん入っている・・という事実を、実名&写真とともに、たくさん紹介されています。

正直、本書を読むと、「どのお菓子も添加物が多すぎて、なにも買えないじゃん!」という感じでした笑

 

目次

本の構成は以下の通りです。

  1. ロングセラーのお菓子(チョコレート・キャラメル・ソフトキャンディ/ガムなど)
  2. 子どもに好まれるお菓子(ビスケット/粒チョコ/チョコスナック/キャラクターチョコ/カップ入りスナック/袋入りスナック/ポテトチップス/駄菓子など)
  3. 女性に好まれるお菓子(チョコレート/チョコスナック/スティックチョコ/ナッツ入りチョコ/袋入りスナック/クッキーなど)
  4. 健康志向のお菓子(健康系スナック/ドライフルーツ/栄養補助食品/シリアル/ガム/のど飴など)
  5. 番外編:輸入&アレルギー対策のお菓子

 

こんな人におすすめ!

以下に当てはまる方は、ぜひ読んでみてください。

  • 栄養について学びたい
  • お菓子をよく買う
  • 子どもが生まれた
  • 栄養についてあまり考えずに料理していた
  • コンビニ弁当や総菜を買う

どれか当てはまりましたか?^^

ここ3-4年、私はお菓子はあまり買わなくなったんですが、学生時代はよく食べていた気がします。

ポテトチップスとか、辛くて刺激があるものが好きだったなー、なんて思い出していたら、本書では、「これはお菓子ではなく、添加物を食べているようなもの」と、ボロクソに書かれていました笑

体に悪いものをたくさんとってしまったんだなーと後悔。

お菓子を食べる機会が多い方、お子さんがいる方は、ぜひ参考にしてみると良いと思います。

   

本を読んで印象に残ったこと

本を読んで、印象に残った言葉をメモしました。

お菓子を買う時の注意事項

  • 市販のお菓子は、ほとんど添加物だらけ。子どもに食べさせたくない。
  • 激辛系:胃を荒らして、味覚障害のリスクあり
  • ポテチ:大量の添加物
  • ガム、あめ、ぐみ、駄菓子:添加物だらけ
  • アイス:添加物だらけ、あずきバーは添加物不使用!ハーゲンダッツのグリーンティーとストロベリーはOK ※バニラは添加物あり
  • タブレット菓子:添加物100%もある(フリスク、ミンティアなど食べない!)
  • 栄養補助食品:カロリーメイトは可だが、加工デンプン、香料、乳化剤が添加されている
  • シリアル:漂白剤、乳化剤など(〇日本ケロッグ:オールブラン ブランフレーク OK)
  • ガム:体へのリスク大きい、食べない!
  • のど飴:不可→ノーベル製菓:VC3000のど飴、◎栄太樓総本舗:栄太樓しょうがはちみつのど飴

 

お菓子に含まれる添加物

  • 膨張剤:ビスケットなどサクサク食感→口内の違和感、胃部不快感へ
  • 乳化剤:発がん性リスクの疑いあり
  • カラメル色素:発がん性リスクがあるものも・・
  • 合成甘味料、香料も避ける
  • アセスルファムK:肝臓へのダメージ、免疫力低下
  • 酸味料:胃や腸の粘膜を刺激
  • 合成着色料(タール色素):発がん性リスクあり、アメリカでは使用禁止
  • アスパルテーム:脳腫瘍や白血病リスクあり
  • イーストフード:添加物のかたまり
  • 光沢剤:ガム、グミ、サプリで使用される添加物
  • ショートニング:「悪玉脂肪」トランス脂肪酸が含まれている
  • 甘味料(ステビア):EUでは以前使用禁止だった
  • 漂白剤(亜硫酸塩):胃を荒らしたり、頭痛を起こしたり
   

感想

市販のお菓子に、こんなにも添加物が入っているなんて、びっくり。。

正直、今までは見て見ぬふり・・というか、添加物の具体的な危険性について、全く知らなかったんですよね。

こんなにたくさん入っていると知った以上、息子には食べさせたくない、できるだけ手作りのお菓子を食べさせてあげたい・・と思います。

といっても、手作りお菓子なんて、バレンタインでしか作ったことがないんですが、これを機に勉強しなきゃなと思いました。

今後は、定期的にメモした内容を読み直して、加工食品を食べないように心がけたいです。

健康は、毎日の食生活の積み重ねですよね。

今後は、夫と息子、そして自分自身の健康のためにも、添加物をとらないように健康的な食生活を送りたいと思います。