結婚式場見学レポ

【結婚式場見学レポ・口コミ】豪華絢爛・老舗の式場『ホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)』

ホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)・結婚式場見学レポ

以前、結婚式場選びで「目黒雅叙園」を見学したので、その感想をご紹介します^^

結婚式場選び♪『ホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)』

見学した理由

目黒雅叙園を見学した理由は3つ。

  • 老舗で有名
  • 披露宴会場が多い
  • チャペルがすてき

日本初の総合結婚式場として誕生して約90周年。東京で和婚といったらここ!というくらい有名な結婚式場の1つで、豪華絢爛な造りが有名です♪

披露宴会場も多く、どれも異なる豪華な雰囲気の会場が多かったため、ぜひ見学してみたい!と思い、申し込むことにしました。(←和装しようと考えていた頃に見学。)

 

アクセス

  • 目黒駅より徒歩3分(JR山手線西口、東急目黒線、地下鉄南北線・三田線)
  • 徒歩:目黒駅より行人坂を下って徒歩3分。権之助坂を下って徒歩5分。
  • バス:無料のシャトルバスあり

最短ルートは行人坂です。ただし、こちらはかなりの急な坂道が続くので、ヒールでは怖いかも。無料のシャトルバスもあるので利用されると良いと思います。

   

雅叙園の敷地内

外観は近代的なビルでしたが、中に入るとびっくり。竜宮城の入り口のような門がありました!「招きの大門」と言うそうです。なんだか、異世界・・・。

内装は和を基調として、「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルにもなった場所と言われています。

ブライダルサロンを目指して進んでいきましたが、意外と道のりが長いです。途中には、浮世絵ような絵画や着物、調度品、見事に生けられたお花などが並んでいました。

左手に滝と庭園が見えてきました。有名な写真スポットだそうです。この滝をバックに写真を撮る方がとても多かったです。

入口から長い道を進んでいくと、ようやくウェディングサロンや披露宴会場に通じる場所に到着します。

吹き抜けのすてきな空間です。ちなみに奥に見える屋根・・これはレストランです。ビルの中に屋根付きの建物があるなんて、面白いですね^^この日は、ちょうど結婚式が終わった後のお客さんであふれていました。

こちらは1階にあるお手洗いの入り口。有名と聞き、入りました^^

中では写真は撮りませんでしたが、小さな川が流れており橋もかかっており、天井を見ると美しい絵の仕掛けも。。すごく異世界でした笑 ちなみにこのお手洗いにかかっている費用は総額1億円だそうです。

   

教会

ウェディングサロンでの話は省略します^^いつも通り、アンケート→カウンセリング→教会&披露宴会場見学→お見積もりの流れでした。

ヴィラ ディ グラツィア

●挙式スタイル/キリスト教会式・人前式

新しくできた広くて大きい白いチャペル、『ヴィラ ディ グラツィア』です。中央にある色は途中で変わります。

天井が高く、長いバージンロードはすごく素敵でした^^

チャペルと一緒に貸切にできるゆったりとスペースをとったプライベートガーデンと、ゲストの待合室があります。

雅叙園は、和の雰囲気ばかりなのかと思っていましたが、近代的なおしゃれな空間があってびっくりしました。

 

ガーデンチャペル

●挙式スタイル/キリスト教会式・人前式
●収容人数/90

外観はゴールドに輝く円形のチャペル、『ガーデンチャペル』です。手前には芝生があり、フラワーシャワーができます。

木製の扉を開いて正面に見えるのはモダンなデザインの祭壇です。

外観がゴールドでド派手だったので、不安でしたが、内側は全然異なる雰囲気でした。ギャップありすぎ・・・笑

石と緑、外の光が入り込んで、あたたかみある雰囲気がとっても素敵でした。

   

披露宴会場

披露宴会場前の廊下。左側の横一列に披露宴会場が並んでいます。

 

カシオペア

面積:216m²(65坪)収容人数:90名様(着席)

『シンプル&ナチュラル』をテーマに、優雅で上質な大人の雰囲気の空間を表現した会場です。

ガーデンをイメージしたフォトスペース♪

壁には、好きな写真を飾ることができるそうです。

シャンデリアやあたたかい雰囲気が素敵^^ 奥には自由に座れるソファ席もあります。

 

オリオン

面積:215m²(65坪)収容人数:98名様(着席)

和と洋のコラボレーションした“ノスタルジックリゾートスタイル”の会場です。

シャンデリアのキラキラがすごい・・・天井は洋風。

壁や高砂などは和風です。壁面の小さな花びらのモチーフから灯る光がきれいです^^

   

花苑

面積:215m²(65坪)収容人数:98名様(着席)

大正ロマンの社交場をイメージするレトロモダンな会場です。

天井にはさまざまな花の日本画を配置した風趣あふれる空間になっています。

 

こちらは入口だけ見させて頂きました。

和室の披露宴会場の入口は、壁から天井からすべてに豪華絢爛な絵が描かれ、見たこともない異空間。こちらで靴を脱いでそのまま上がる珍しい会場です。

出所:目黒雅叙園HP

123畳の広い会場で、最大110名まで可能です。中は畳の上にカーペットがひいてあり、長机とイスの席。大人気の会場なので、常に1年~1年半先まで予約がいっぱいとのことでした。

   

まとめ・ホテル雅叙園東京≪口コミ・感想≫

【良かったところ】

  • 老舗で知名度高い
  • 豪華絢爛で面白い
  • 色々なタイプの披露宴会場がある
  • 見積もりは良心的で安め

 

【気になったところ】

  • 建物が古い造り
  • 天井が低い披露宴会場が多い
  • 披露宴会場に窓がなく、狭いので圧迫感がある
  • 披露宴会場が多いので特別感が少ない
  • 他の花嫁の遭遇率が高い
  • ゲスト、観光客など人が多すぎる
  • アクセスが微妙(坂がキツイ・バスの本数が少ない)
  • 豪華絢爛だけど安っぽい
  • 上品さ・高級感はない
  • 中国などアジアを思わせる雰囲気
  • 料理のメニューが微妙・・

1番ネックだったのは、披露宴会場が多くて特別感がない点でした。実は以前、雅叙園の挙式に参列したことがあるのですが、1日に何度も他の花嫁さんに会いました。見学した日もそうでした。多い季節には1日30件くらい結婚式があるそうです。

雅叙園では100名以下の会場が1番多いのですが、写真で見るとゆとりのある空間に見えますが、90名弱の人数になると、窓がないので圧迫感があり、狭く感じるだろうなーと思いました。

見積もりについては、口コミサイトなどで実際に支払いを終えた方の投稿を見ると、思ったより安くなりそうでした。

ブライダルフェアのあと、結構頻繁に電話がかかってきて、結婚式場選びの状況を聞かれたので、熱心だなー、契約すると営業成績の評価になるのかな?と感じました。

目黒雅叙園は私たちのイメージに合わなかったので選びませんでしたが、見どころがたくさんあるので目黒川のお花見の帰りなど、機会があれば訪れてみると楽しいと思います^^

 

以上、振り返りレポでした!